忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山田洋次監督の「東京家族」の制作現場を見て

家族で視聴し、録画で再確認しました。
大崎上島には申し訳ないですが、観光の映画とは違いました。

監督はやはり、大衆娯楽といっても労働者階級の視点での映画監督です。

大衆運動、高度成長期の日本の変遷をとおして、監督の視点で「東京家族」は、上映されます。

しかしあんなに監督が接触するぐらい、俳優に対して一字一句指導しているとは思いませんでした。
派手な演出がないかわりに、細部にイメージを膨らませテーマを持たせる手法は、「故郷」の中の一節を思い出します。


http://waqwaq500.blog.shinobi.jp/Entry/341/

監督の発言の中に派遣労働者と正社員の違いが出てきましたが労働に携わる人間としては、やはり監督の視点はそうなのかという部分で核心を突いているなと思いました。

資本主義は漸次 運動原理のもと、より本質に近づいていくものであり、現象として、人間関係では大家族→核家族→個人に集約されていく。
つまり集団の利益、地域性よりも、個人の地位、利益を優先する現象がおきてくる。

世代間格差、ローカリズムの排除、グローバリズムと展開をとるのがよくあるパターンで、一人の人間でそういった社会変革を体験できている人、気がついている人はあまりいません。

蛙を水の状態から徐々にゆでていくとわからない あれとよく似ています。

端的な例が個人の自殺なども含まれてきます。

しかも、個人の能力など社会は必要しているのではなくパーツとしてうまく機能さえすればいいのです。



「昔のほうが豊だった」

「みんなが、問題意識をもっていた」

時代を総括する発言が番組で随所にでてきます。

「答は、みなさん 考えてください。」

これが映画のテーマです。


脚本、撮影現場、

そう、大崎上島の櫂伝馬にも共通する材料がたくさんあります。

我々には櫂伝馬があります。

それは、住民一人一人の魂であり、象徴です。

決して独りのテーマではありません。

これは大崎上島の出した答えであり、個人の解釈はどうでもいいのです。

監督から、

「君らの島には櫂伝馬という立派な答えがあるじゃないか!」といわれたような番組でした。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

同じことを思う

まさか、同じことを感じていたとは!
驚きです。
僕も監督は櫂伝馬があるじゃないかと言ってくれていたような気がしました。
僕たちには僕たちにしか無いもの、そして僕達にしか守れないものがちゃんとある。
僕たち次第です♪
  • 啓志
  • 2012-09-18 00:25
  • Edit

縁あって、大崎上島のファンです!

今年の夏に、櫂伝馬と花火大会に参加して感動しましたよ!

映画を通して、瀬戸内海の美しさを再認識して欲しいですね。
  • agunes
  • 2012-11-08 18:22
  • Edit

有難うございます。

この場所で本当の大切なものを確認できればいいですね。
私は、今は、仕事プラスNPO活動を中心にしていますが、自分の中では故郷は精神的支柱です。
楽しいことばかり、というより怒りばかりでしたが、それは時間の経過とともに人生の中で消化できたと思います。
今から考えれば、実に贅沢な人生をおくることができたことを感謝します。
精神的支柱として、櫂伝馬は、この地域に大きな絆と恩恵を人生に与えてくれると思います。
映画はあくまで、素材であり元は大崎上島に集約されます。
自信と勇気をもって、この地域で心身ともに鍛えてほしいと思います。
  • 管理人
  • 2012-11-09 21:02
  • Edit

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析