忍者ブログ

新年を迎えるに当たり

今まで色々と小言を書いてきた。

当然、読む側にとっては面白いページではない。



ネットでこれまで、検索結果など解析をした。

自分での結果をまとめてみると、

今年は、検索の総量が明らかに減ってきた。

故郷を存続して欲しいという願いよりも、精算をした人が増えた一年じゃないだろうかと推測している。

これぐらいの規模に縮小しこれといった産業もないため、県からもお荷物自治体として、扱いに困るケースが増えてくるだろう。


平成15年から合併して7年が過ぎようとしている。

あまり田舎に頻繁に帰省したわけではないが、合って話をした人達の内容の共通点は、行政に対する不信感と小言であった。

それも、古老といわれる同じ出身の方の話でもあり、実に残念なことだ。


少ない社会資本でありながら、色々な団体がイベントを行い啓発活動を行ったとしても、

たとえば、祭りにしても、広報活動を考えるのなら、祭りの紹介は早いにこしたことはない。

しかし、いきなり祭りの直前に広報をネットであげたり、満足な効果などあがるはずもないだろう。

そういったことが、日常の風景として既に溶け込んでいる。



「ほうれんそう」とは企業でよく使われるコミュニケーションの言葉だけれど、いままで、機能したことがあるのだろうか?

光ファイバーなど必要ではなかった。


官民一体という理想は、どこえやら


真に公共性がある事業とは、地域に根付くものだけれど、

助成金のために闇雲に手を染めるようなものや、

目的が不明確で、時代の検証に堪えることのできないもの

等々、品格が備わっていない。


できることなら、筋の通った勇姿をみてみたかったことが心残りである。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
23 24 25 26 27
28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析