忍者ブログ

浄泉寺

親父が亡くなり遺骨をお墓に納骨するために、35日にということで、木江に5月3日4日と帰省する予定

そこで、付き合いのある木江の浄泉寺に住職

そういえば、以前、井伏鱒二の「消えたおちょろ船」を文字興ししていたので、その紀行文のなかで登場するお寺が、おそらくこの浄泉寺だと思う。

再度、読み込んでみた。

なかなか面白い。
何度も読むことにより、熟成され違う観点から見えてくる世界がある。

現住職のお父さんが登場しているのかな?
本人は、この紀行文の存在をしっているのだろうか?

興味深い



風前の灯火となって、非常に寂しい場所となった木江。

今では、都会のパフォーマンス的手法が目につくけれど、もともと、田舎はその価値に気づいている人が、生活視点で暮らすのが本道だ。

無理なアクロバット体操は、本人も地域も骨折しかねない。

静かな田舎がいいな。

時代なんて、追いかけるものじゃない、ぐるぐる回るのが時代だ
盛者必衰

利口を装うより、

錯覚するより目の前を直視し、大切なものをつかんでおいた方がいい。

何かと、騒がしい都会は、好きではない。

静かな大人の町にもどって欲しいものだ。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析