忍者ブログ

減り続ける人口、その先は

ホームページを作り出しのが、1999年頃
その頃は、この島はまだ合併していなかった。
検索すればおわかりだと思うが、人口統計 予想はずっと前から、やっていた。

誰がみても、どう上と下から眺めても、危険だったからだ。


そういえば、合併直前に、リオのカーニバルじゃなかった、運動会?にちかいものをオールナイトでやっていたことを思い出す。

NPOも、平成の大合併も、光ファイバーも、バラ色に見えた合併の諸々も、現在は、人口減少という冷酷な結果しかでていない。

高齢化率が異常に高いのは当然で、子供が産める体制ができていない。
呉まで行くのはちょっとしんどいことだ。

これは大阪などの都会も同じで、産婦人科は年々 減っている。
東京もこれからは単身者高齢化と続いていく。

人口減少、独身性策、これは国策だったんだと痛感できる。

加入しているNPO団体も200名近い会員と関連団体の参加人数100を追加すると300名近くいるけれど、結婚していない独身女性、独身男性が、異常に多い。

NPOの性格上、カウンセリングに近いこともあるから、かなりの人数の事情は把握できる。

主に収入の問題、定職の問題、それプラス人との関わり合いが非常に希薄になっている。

人間関係のやりとりなどは、当然義務教育が教えてくれるものではない。
また、スムーズな人間関係なんてあるわけもない。

割り切りも、恋をする度胸も人生経験の一つだ。

失敗を恐れれば、ただ、年齢を重ねてくるばかりだ。

収入は得ても、相棒がいない
高齢化してくると、独身者は将来に不安を抱える

ある程度、家族・家庭をもつと集団生活を余儀なくされるから、人とのコミュニケーションは必要となっていくる。

どうしても、限られた範囲内ので交流だと、裾野が広がることは難しい。

子供が欲しくても相手がいない
理解者がいない
悪戦苦闘することになる。

都会は人を仕分けする産業装置ととらえるとわかりやすいけれど、ちょっと寂しい。

都会、田舎の2極論が日本人は大好きで、頭の悪い人間たちは、それに固守するけれど、自分の言葉で人生を語れる人の方が魅力的だし、人の人生は、自分で決めること 主観は大いに大切なことだ。
お金は必要だけれど、すべてがまかなえるわけではない。

時は一刻と迫ってくる。

田舎とか都会とか、こんなに日本全土を国交省の役人さんたちが、血眼になって開発してきた高速道路体系、空港 など全国が身近になり都会も田舎も実はあったもんじゃない。

身近にあるんだから、近づいて価値を確認してみればいい。


これからの日本は縦横無尽に距離を縮め個人個人の人間的コミュニケーションを深めちゃんとした相互理解の意味を見いださなければいけない。

人として、物だけの満足ならいいけれど、実は凄く寂しいことに遅くなって気がついてきた人が多い。

そうならないためにも、主体的に生きることは大切なことだ。


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
23 24 25 26 27
28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析