忍者ブログ

東野村十景

父親の納骨をすますため、帰省した際、大望月邸によってきた。

ゴールデンウィーク期間中で、島外からきた観光のお客さんも多かったみたいだ。



私のホームページをみて、興味を持たれた方もいらっしゃったようで、うれしいような恥ずかしいような。
色々な方に、参考材料としてチェックしていただいている。
例のお化けの話まで、取り上げていただいているとは、驚いた。
話の主の学芸員の方も、おやめになられたようで、新しい女性の方が、担当されていた。

この大望月邸、改築費に5億円がかかったと言われている。
しかし、これは英断だ。
文化灯台として大崎上島を象徴する建造物ではあるし、木造船の文化も集約できたらいいなと思う。
木江側にあるけれど、いっそのこと、こういった船の文化を扱っている資料館は、連携がとれたほうがいいにきまっている。

そういった思いのつまった大望月邸

東野村十景という素敵な写真を紹介していただいた。

さっそくアップロードさせて、いただきます。
























紹介していただいた、方には、お約束の物をご紹介させていただきます。

ダウンロード

パスワード付きとなっていますので、ご自分の名字をローマ字でいれていただくとごらんいただけます。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析