忍者ブログ

福山で今年も年越し炊き出し


'10/12/30


 広島県大崎上島町の住民有志が31日、福山城公園(福山市)で今年も年越しの炊き出しをする。初めての昨年はそばを振る舞い、一緒に餅をついたホームレスが「こんな年越しは初めて」と感激。今年は広島商船高専(同町)の外国人学生たちも加わり共感の輪が広がる。

 呼び掛けたのは、島の障害者施設ふれあい工房(大串)で、2008年に支援団体を通じ広島市内のホームレスに自家製ジャムなどを送ったのが発端。昨年は直接触れ合える場を求めて、通所者や工房スタッフたち12人が福山へ出向いた。

 約20人のホームレスが集まり12時間以上、餅をつき身の上話をするなど交流。涙する人もいた。工房に通い、今年も訪ねる加藤民夫さん(50)=中野=は「今年は積極的に話しかけたい」とやる気満々だ。

 今年は18人が駆け付ける予定。広島商船高専の学生ジワカ・ダルマピリヤさん(23)=スリランカ、シャイレシュ・ジョシさん(21)=インド=が名乗りを上げ、広島市佐伯区湯来町の障害者施設、愛命園のスタッフ4人も加わる。

 ふれあい工房の永見和昭施設長(44)は「島から福山へきずなが広がってきた」と喜ぶ。現地では午後4時から明け方の5、6時ごろまで約14時間、心温まる場を開く。



【写真説明】炊き出しに使う餅つきの石うすを囲む、左からジワカさん、シャイレシュさん、加藤さん、永見施設長





大崎上島から、広島の支援団体に食料を提供されている方もいらっしゃることは、ネットで知っていました。
立派です。
取りあげる人がいないので、今回中国新聞に載りましたので、便乗させてもらいました。


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
23 24 25 26 27
28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析