忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PJ記者の滝アヤさんが来てくれた!

昨年の櫂伝馬の時もそうだけど、滝アヤさんが、『新発見・「ゆったり宝島」の大崎上島』ということで、取材と撮影をかねて来島してくださっている。

滝アヤさんをはじめ、穂高健一さん斎藤 潤さん「八濱漂泊傳」の高原正伸さん、そして瀬戸内海の将来のリーダーになるだろうミカンさん、その師匠にあたる瀬戸内和船工房さんあるくみるきく_瀬戸内シーカヤック日記のNさん

こういった瀬戸内海の海洋文化と、歴史にあかるい情熱と理解ある人達に遭えたのは、大崎上島の櫂伝馬を愛する若い人達のお陰です。


また、熱心に取材して大崎上島の櫂伝馬の力になってくださっているNHK広島をはじめ広島テレビ、中国新聞のメディアの方達。

こういった良縁のお陰で、『島へ』という本当に、内容の濃い雑誌とあえることができました。




「我々の宝は、我々の足元にある。」ことの再認識

島の在住の方達が、youTubeなどの動画共有サイトを利用し、独自に情報発信をしだしたこと。

大崎上島独自のコンセプトで、企画立案が可能になりつつあること

メディアと新しい形でパートナーシップがはかれるようになりつつあること

地域と人のつながりを密にすることができる場所が、実は日本で一番幸福な場所ではないかと思います。

若い人が自信をもって誇れる場所になって欲しいと思います。



2005年8月に行われた櫂伝馬競争の動画を2006年にGoogleビデオにあげていたことに気がつきました。

先見の目があるでしょうということで、ある種の自慢です。




大都会の人は、大崎上島を「離島、離島」といいますが、そんじょそこらの離島とはわけが違うということを、大崎上島を知れば、おわかりになると思います。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析