忍者ブログ

小池造船海運株式会社


以前 このホームページで紹介させていただいた、小池造船所のホームページが新しく更新していた。


最近の大崎上島の若い経営者は、感覚がアップデートで、ネットをうまく利用する傾向がある。

無料なんだから、これを使わない理由などない。


造船はこの島の基幹産業だし、大切な雇用の場所だ。

かって、造船がところ狭しと乱立していた時代と比べると、今は激戦の時代だ。

労働力も枯渇しつつあるし、円高など経営環境は厳しい

大崎上島に現存している造船所は、この厳しい環境に耐えぬいた貴重な会社ばかりだ。

ものづくりにおいて一芸に秀でていないと生き残れない

幸い、HPをとおして情報が拡散し、このエアークッション船など独自の技術をもつ造船所は、注目されつつある。

小池造船所もその一つだ。

いつの間にか、世代交代をしていたが、とにかくこの島の造船業はがんばって欲しい。


やはり、私のホームページよりも、島の造船の歴史を、こうした企業がどんどん発信して欲しいと思う。

彼ら経営者に要求されるのは、幾多の荒波にも乗り越えるパイオニア精神なのだから。

ものづくりにおいて、この島でしかない造船の技術力を世界に発揮して欲しいと願う。

わたくしである個人と、おおやけである企業が、存在感をアピールできれば、島は魅力ある場所になるだろう。



小池造船海運株式会社
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析