忍者ブログ

大阪府立中央図書館

今朝、資料を調べるため、大阪府立中央図書館にいってきた。

蔵書も、自宅でパソコンで検索できる。

便利な時代だ。

橋本知事の薫陶のお陰だろうか。

入館は、館の職員の利用者へのお出迎え(挨拶)からスタートした。

メルマガもしっかり発行してくれるし、事前の情報がチェックできるのは有難い。

当たり前のことが、普通にできている場所とそうでない場所では大きな差が開く。

利用者の数字も厳しくチェックされるようになったのだろう。


今回、ネットで

足利浄圓師の「光輪」いう本が在庫であったので、是非読みたかったので借りてきた。

生野島で書かれた本かもしれないという期待もあった。

随分年季の入った本だろう。

中の紙質が、茶褐色に変色している。




出版年月日は、昭和31年となっており、足利浄圓師が79歳のとき、

洛西 自照舎で巻頭に、

齋藤政雄氏の亡き母の五十年忌に当たり法話の記録を刊行し

これを知友に分かちたいと念願され書かれたとなっている。



自費出版に限りなく近い本だから、貴重なものだと思う。



そして、もうひとつ

中国新聞社が、1988年に出版した

瀬戸内を歩く 上巻 産業編



瀬戸内を歩く 上巻 観光 地誌編



こちらは、以前 HPで公開されていたものと、

ほとんど同じことが書かれている。

大崎上島、下島、豊島、斎など、懐かしい記事がたくさんあがっている。

瀬戸内海の島好きの方なら、たまらないだろう。

平成の世になって20年以上時間が経過したが、

当時は現役の方も多かった。

店じまいをした今となっては、大変貴重な資料だ。

是非、後生の人にも、利用して戴けるよう、

資料として取りあげていこうと思います。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
23 24 25 26 27
28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析