忍者ブログ

上空から見た生野島の変遷

国土地理院のサイトで公開している

国土変換アーカイブ空中写真閲覧

を使って、生野島の変化を年代別に調べてみた。




1947年(昭和22年)
足利浄円は昭和7年からこの島に住んでいたそうだ。

迦洞無坪とならび、どんな文化がこの島で花咲いたか知りたいものだ。




1948年(昭和23年)
食糧難のまっただ中、
121軒の人達が大挙この島に開墾に入ったのだろう。

写真から判断すると、裸の山の状態であるから、まだ苗木など植えたばかりで、作物の収穫などできていないのだろう。

収穫まで最低、5年はかかることから、夢半ばにして、放棄して出て行く人も多かったと聞いている。




1975年(昭和50年)
ミカン百姓のせがれには、忘れることのできない
大暴落が、昭和43年につづいて昭和47年に起きる。

この後、生産調整となり、クズ蜜柑は肥やしとなる。

畑は荒らすか、違う作物を作るか
(といっても、市場にでるものはない。気休めだ)

避けることのできない選択を迫られる。

島の百姓にとって、屈辱的なものはないだろう。

傾斜地の強い生野島でこれだけの畑であった状態を見ると、
苦渋の決断だっただろう。





1981年(昭和56年)
放棄された後
元の原生林に戻りつつある生野島

豊になるため、急勾配の山を人力で開墾し、

日夜汗水垂らして、耕してきた恵みの土地も自然の力には逆らえないということか。





1999年(平成11年)
契島は、工業化が進み、みっしりと島全体が工場と化している。

昔の写真を見ると、汚水を海に流していたのだろう。

はっきり海面に白い線が見えた。

また、終戦後は、煙突もあったのだろう、煙も確認できた。

この頃には、工場の公害問題もクリアーできているのだろう。

生野島の変化とくらべると、大きな変化はみられない。





2006年(平成18年)
人口減少、流出のため、世帯数は30程度だろうか。

大崎上島と同じくにっくきイノブタの侵略のお陰で、数少ない農作物は、
食い荒らされているだろう。

今年の8月に初めて生野島をまわったとき、

イノブタの捕獲用のオリと、散弾銃の薬莢の空が落ちてあった。

この翌年には、自然休養村生野島のキャビンビレッジも赤字のため閉鎖される。

民間会社の経営感覚で考えると、

これだけ立派な施設を廃止する前に、もっと有効活用できるよう、宣伝できなかったのだろうかと不思議に思う。

既に、インターネット回線はしかれていたのだから、

実にもったいないことをしたと思う。





2010年(平成22年)

ほぼ、以前の自然のままの生野島に戻っている。

自然の復元力は凄いものだ。

今では、山を歩くと所々に、大金をはたいて敷いたモノレールが、

錆びてしまい、

ジャングルとなった場所に

「ここは以前は畑だった。」

ことを示す道具となっている。

これは大崎上島にも同じことがいえる。

人が生きるということは、大変なことなんだと生野島は教えてくれる。

暑い炎天下の中、

ひたすら、働き続けたものはなんだったのだろうか?

それは、やはり自分の家族・子供のため、

この場所に生きる覚悟なくしてなしえないものだ。

対象が、畑であれ、鉄板の上であれ、楽しことは、ほとんどない。



公報に目を通すと、

「苦労ばかりで生きるのに、一生懸命。

楽しいことはなかったね。」

の言葉が身に浸みる。


昨今、「楽園」などと島を称することが流行みたいだが、

元々、コピーライターが作った軽いキャッチフレーズで、

都会人とキャッチボールを楽しめる場所ではない。



できることなら、

生野島桜祭りとはどんなものだったのか、体験してみたかった。

昨日も、ビデオにとった、生野島の絶景を見ながら、

何度も、頭の中はリフレインしています。

調べ残したことがあるので、もう一度、生野島を訪れることが出来たらいいなと思います。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析