忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の想像する東京家族


東京家族は、山田監督と平松恵美子さんが新たに書き直した脚本ということだ。

2人の間でどんな映画の構想を練っているのか?

ニュースによるとぎりぎりまで、練りに練って、熟成させた状態で撮影に移るそうだ。

木江と東京というセッテングだが、なぜこの場所で撮影しなければいけなかったのか?




監督の映画に、裕福な主人公は登場しない。

中産階級というよりは、労働者階級に焦点を合している。

また故郷を捨てて、新天地をもとめ移住するケースが多い。

それは、慣れ親しんだ場所を離れるということ

一度、もった財産 知人、友人を捨ててリセットすることは、人にとって実にヘビーなことだ。

しかし、「生きるため」の取捨選択は避けてとおれない



かってこの町の造船所が盛んだった頃は、転入者もたくさんいたが、度重なる不況により、どんどん縮小していった。

そして、二度と人口は元の状態に戻ることはなかった。

人生に別れはつきものだけれど、小さな町だから、近視眼的になり しんどさはなおさらだ。

こうなってくると、捨てるというより収奪行為に近いなと思う。



土地、建物、財産を所有することは確かに豊かにする手段だ。

しかし、それが、更に進んで剥奪するなり、そういった非日常的行為が起きるとどうなどうだろう。

人間世界でよくある憎しみ、妬み、僻み、など生み出す原因となり あまりいいものは引き出すことはできない。



木江は箱庭のような場所だ。

絵を撮影するのは、非常に手早く作業ができるのではないか。

撮影現場の木江は、いわば、時代の波に残され放棄されたような場所だ。

しかも島であることで、都会のように、投機に基づいたスクラップ・アンド・ビルドの被害がすくない。

木造の家は主をなくし、管理する人がいなくなると、自らの運命を察してから、勝手に倒壊していく。

狭い道路は、人が歩くための道路だ。

この町が好きな人だけが、住めばいいのだ。

人も町も生き物なのだ。



日本人のメンタリティーは、高度成長期以降、精神主義から物質至上主義に変わってしまった

新しいものが、正しいという風潮に染まってしまった

老いも若きも高いものはありがたい、安いものは下品で精神まで貧しいような風潮になってしまった

便利が当たり前、不便は敵

貧乏を楽しめる生活の工夫もなくしてしまった

人と人が会話をするのも難しくなった

自殺者3万人が年中行事になってしまった

自分を疑い正そうとする勇気もなくなってしまった


震災後の日本

東京と木江の対比

どういったテーマを問題提起していくのか?

個人的にここの場所は是非 撮影から外してほしくないポイントが数カ所ありますが、是非楽しみにしています。




ちなみに、下の写真は数年前の正月のものです。
退院後、最後になるかと思い撮影したものです。







PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析