忍者ブログ

福島原発事故について

東北大震災の影響は1年を迎えようとした今でも大きな暗い影をあたえている。

特に収拾が収まらない状態にしているのが、福島原発の放射能拡散だ。

除染といっても、ほとりだけ取り除いただけで、それは除染ではなく、「隠す」作業に他ならない。

それに東北に向かって、「元気になろう!」、といったところで、元気になれるわけがない。


あれだけ、原発擁護派に邁進していた、メディアも最近は、1年たっても、帰ることのできない福島原発周辺の状況を放送するようになった。

スポンサー資金が枯渇し、電力会社側に配慮する心配がなくなったのか、それとも理性が働くようになったのか・・・。

理性的行動とは、いったいなんなんだろう。

巨大宗教も、巨大テレビ局も、政治屋さんたちも、福島の悲劇を引用することが多い。

しかし、根本を理解しないと、福島は戻ってこない。

いや、第二の福島だって生まれるに違いない。


つまり、原子力発電とは、消すことのできない人類にとって早すぎた炎だということだ。

冷却には、水を注入するなど、時代は変わってもやる事はお江戸の町火消と一緒だ。

単なるイベント、話のネタで福島を語るのは、如何なものだろう。

やはり自分の目で確かめ、感受性をたかめ、本当の正しい行動とはなにかを理解することが、第一歩だろう。

まっさきに被害を受けるのは、我々小市民であり、隠された利益は一部の人間にしか還元されないことを察するべきだろう。

諸環境を含め自律的な国民になることが、今 大切だろう。

「原発反対!」がなぜいえないのだろう。

放射能汚染された堆積物は今後どこに隠されるのだろう。

「自分は安全だからいいよ。」なんてレベルだと、いずれまた我々の生活環境に組み込まれるだろう。

自然災害よりも、人類の災いのほうが、被害が大きいのはなんたる皮肉なのだろうか。

福島原発事故問題とは、

労働問題、環境問題、健康問題、政治機構、エネルギー政策、教育問題、外交、国民性 等々、枚挙の暇がないほど、多くの問題が山積することとなった。

隠蔽された事実がどんどんでることにより、「やっぱりネットのほうが正確だったんだね。」と思います。

人間に間違いはつきものだけれど、正しい姿勢だけは忘れないでほしい。

姿勢が変われば、国命も変わる。

真摯な姿勢で向き合わないと、正しい評価も結果も生まれることはない。


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析