忍者ブログ

人口減少とその後

最近は、ほとんど統計をとっていなかったが、大崎上島の人口は、既に8000人を割っている


区分人口15歳未満65歳以上世帯数
昭和60年14,1012,399(17.0%)2,787(19.7%)4,904
平成2年12,1901,605(13.2%)3,143(25.8%)4,658
平成7年10,8541,146(10.6%)3,454(31.8%)4,452
平成12年10,131945(9.3%)3,651(36.4%)4,385
平成17年9,236796(8.6%)3,666(39.7%)4,136
平成22年8,448674(8.0%)3,616(42.8%)3,870



10月現在で7988人となっている。
深刻な状態だ。
教育などの誘致に活路を見出そうと努力されている。
切実な状況だ。
労働人口の減少、ストロー現象による都会への人口流出は続いているのだろう。

成功ばかりじゃない、厳しい競争の中で生き抜くためには、新しいコミュニティの創造が前提だろう。


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析