忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テーマ 海 人々 文化

やっと、大きな山 総会が終わり一段落です。

暇を見つけては、ミカンさんに頂いたビデオを見ています。



2日間の記録の映像ですから、

時間がかかります。

iPodで見るには、フォーマットを変えなければいけないので、持ち運びをどうしようかと思っています。

東芝のギガビートにいれて、じっくりと、聞き取りにくい部分を調べていこうかなと思います。

今回行われたプロジェクトを冷静に分析すると、

色々な部分で、

これが、スタートとならなければいけない、

貴重なターニングポイントだと思います。


それは、

大崎上島の櫂伝馬競漕の存続もかねて、

また、和船文化の復興と全国に向けての情報発信、

情報整備づくり、


次世代の、海洋文化を担う、有志の方々のイベントの参加、


・・・・瀬戸内和船工房の愛弟子にあたるみかんさん、


シーカヤックの野村さん・・・・


当然、面識はないけれど、

素晴らしい人材がたくさんいることだと思います。


これは、偶然を装った、必然だと思います。


島の文化、櫂伝馬を好きな人には、おわかりになると思いますが、


大きなテーマが、投げかけられました。




町興しに関して、

若い人達が、今のままの

何もアクションのない状態が続くと、

2,3年後には、祭りも存続できない

このことに危機感を感じ、

この島では、まったく組織に属していない、

無名の人達が、集い、2年掛かりで、今回の事業を

企画、立案し、

これに対して町の多くの人達も、彼等の意志に応え

「若者を送りだしてあげよう!」

という純粋な気持ちが、後押しをしました。


町の行政のトップの方も、


実は、今回、応援をしてくれていました。


「若い人が主体だから、がんばってください。応援します。」


決して


報道など表に出ず、黒子に徹してくれました。


「櫂伝馬がすきだから」


この言葉の意味は、公人としてではなく、私人として、

参加されたことの意思表明です。


※私などは、常日頃から、行政には、クレームを書いてきましたが、今回は、反省しています。(^_^;)

本当に、大人(たいじん)なんだと思います。



便乗、横やり、等々


様々な 障害を乗り越えて、


無事成功して、よかったと思います。


また、これまでの、助成金に偏ったの、

ぶら下がり、紐付き事業、目先の儲け中心の考えでは、

地域は既に成立できません。


大きなテーマを投げかける提案型の独自の事業スタイルが必要です。

根気と努力が必要です。


これからの島の事業の中心は、


若い世代が、積極的に前にでるべきだと思いました。



この島に、阻害となる事業ブローカーなど必要ありません。


町民も把握していない、構成員、

本人も、名前も間違えるような、

似たような名前の団体・組織は必要ありません。



こんな、人口規模の小さな離島になってしまった場所に、

事業報告も何もわからない得体の知れない組織など

大多数の町民は必要としていません。



もっと、シンプルに、オープンに、わかりやすく


我々の共有の財産である


地域、


大崎上島は、論じられ、語られるべきものなのです。



そうすれば、もっと新陳代謝はあがり、


地域と人の結びつきは強くなり


この島は、もっとよくなると思います。


当たり前のことなんです。


そうしなければ、同じ結果


つまり


島には将来があるのか?


と思います。










PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析