忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

太鼓でNZ公演 恩返し募金


 ニュージーランド・クライストチャーチ市の大規模地震を受け、19年前に現地で公演をした広島県大崎上島町の和太鼓グループが募金活動を始めた。メンバーは「活動が長く続いたのもニュージーランドで国際舞台を経験したから。何とか恩返しがしたい」と話している。

 グループは、旧大崎町で結成した大崎なぎ太鼓保存会。1992年3月の国際芸術祭に高校生を含むメンバー15人が参加。1年前から猛特訓し、1曲だったレパートリーを8曲に増やして臨んだ。

 和太鼓とシンセサイザーを演奏し、結成3年目の舞台は盛況だった。現地の新聞、テレビでも大きく紹介された。

 それだけに、地震の映像にメンバーはショックを受けた。演奏は首都ウェリントンが主だったが、クライストチャーチにも約5時間滞在した。当時の会長で今もメンバーの今田均さん(58)は「大聖堂を訪れ、近くでお弁当を囲んだ」と話す。

 現在20人の保存会は経験者7人が残り、現地の人とは今も手紙のやりとりが続く。今田さんは「困っている時こそ、少しでも力になりたい」と募金を広く呼び掛けている。




【写真説明】ニュージーランドで市民と交流する保存会のメンバー(1992年3月)
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析