忍者ブログ

フェリー模型6隻寄贈 岡山船舶模型クラブの南石さん



 「岡山船舶模型クラブ」メンバーの南石忠嗣さん(58)=岡山市北区=が、「宇高国道フェリー」の模型5隻と「宇高連絡船」の模型1隻を制作し、広島県大崎上島町の「大崎島船の資料館」に寄贈した。

 南石さんが制作する船舶模型は「子供のころに親しんだ」という宇高航路などのフェリーが中心。模型はすべて洋上モデルで150分の1サイズ、大きい物は全長1メートルにもなる。

 素材はプラスチック材を設計図に合わせてカッターナイフで加工し、部品を接着。写真や資料を参考に塗料で着色する。これまでに30隻以上を制作し、大半は瀬戸大橋記念館(香川県)や四国フェリー会社などに寄贈している。

 今回は宇高連絡船の「讃岐丸」のほか、「こうらく丸」「りつりん丸」「こんぴら丸」「こくどう丸」「おかやま丸」を制作した。外観はよく似ているが、「船首付近やブリッジなどが違い、その違いを出すことが面白い」という。

 いずれも宇高国道フェリーの花形フェリーで、今も根強い人気があり、南石さんは「一緒に展示してもらうことでフェリーの変遷を知ってもらうことができる」と話している。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
23 24 25 26 27
28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析