忍者ブログ

大崎上島で「ミョウガ」出荷

大崎上島で「ミョウガ」出荷


 広島県大崎上島町でビニールハウス栽培のミョウガの出荷が始まった。6、7月をピークに10月上旬まで続き、約4トンの出荷を見込む。

 ミョウガは主に薬味に使われ、8月ごろ広く出回る。同町中野のJA広島ゆたか上島選果場では、2~3個入り計50グラムをパックに詰める作業が進む。広島市中央卸売市場(西区)に送られ、同市内のスーパーなどで販売される。

 島でただ1人、ハウス栽培している成定裕司さん(36)=中野=が10アールの4棟で光の当て具合と温度を調節し、鮮やかなピンクに育てた。「値段の変動が少なく温暖な気候を生かせる」と5年前から手掛けている。

 全国シェアの大半はハウス栽培の高知県産が占める。成定さんは「収穫量を増やし、年間を通じて栽培できるようにしたい」と意気込む。




【写真説明】ビニールハウスでミョウガを収穫する成定さん
PR

統一地方選終わる 政治離れにどう歯止め

東日本大震災の衝撃が続く中、統一地方選はきのう後半戦が投開票され、一連の日程を終えた。

 中国地方では前半戦と合わせ、首長は2知事と7市町村長、議員は5県すべてと21市町村が改選されたことになる。

 平成の大合併や長引く不況で自治体の疲弊が目立ったこの4年間。喫緊の課題といえる地域再生と並んで、災害対策も争点に浮上した。ただ盛り上がりに欠けた印象は拭えない。

 全国を見渡せば民主党が推す候補の敗北が相次ぎ、党勢の退潮が浮き彫りになった。政権基盤の弱体化は避けられまい。看板としてきた地域主権改革の行方にも黄信号がともったといえよう。

 「3・11」は自治の役割もあらためて問い直している。選ばれた首長や議員たちの責任は重い。

 中国5県では後半戦に25の選挙が実施された。

 注目されたのが前市長の辞職を受けた三次市長選。路線継承を掲げる前副市長の新人が市政刷新を唱える元市長に競り勝った。

 尾道市長選も現職が強みを発揮。一方、前回と同じ顔ぶれの周南市長選は新人が現職を破った。

 山口県平生町議選では、隣の上関町に建設が予定される上関原発の是非が争点の一つになった。

 今回身近な防災の充実を訴える候補が多かったのは当然だろう。気になるのは投票率が前回より下がったところが目立つことだ。

 大津波の被害や福島第1原発の事故の様子が連日伝えられる。選挙ムードが盛り上がらず、投票所に足を運ぶ気分になれなかった有権者もいるに違いない。県議選や広島市長選などの前半戦でも低投票率は顕著だった。

 とはいえ震災だけが原因ではあるまい。地方政治の「元気のなさ」も背景にあるのではないか。

 その象徴が無投票当選の増加だろう。中国5県で県議全体の4分の1に当たる計65人が無投票だった。4年前の3倍近くに膨れ上がっている。

 島根県議選の松江市選挙区もその一つだ。「県都」では前代未聞だろう。島根原発を抱えるだけに選挙戦を通じて論じ合うテーマは山積みだったはずである。

 後半戦も広島県大崎上島町長選など三つが無投票だった。首長や議員に魅力を感じない雰囲気があるとすれば見過ごせない。若い人が減り、活力が失われつつあることと無縁ではなかろう。

 4年に1回の統一選は戦後間もない1947年に始まった。地方自治制度の周知を図ると同時に、経費節減の意味合いも大きかったとされる。

 今回は東北3県で延期となった影響もあり、選挙は全体の4分の1にとどまった。なかでも中国地方の少なさが際立つ。

 平成の大合併で市町村数も減っている。あえて前半と後半に分ける必要もないように思える。

 原点に戻り、地方選の日程を見直す時期ではなかろうか。足元の「政治離れ」に歯止めをかける手だてを真剣に考えたい。


antenna



テレビで報道されました。
是非とも、新しい大崎上島のライフスタイルを発信して頂きたいと思います。


私ごとですが、山は今月で解決の方向に向かっています。
やく三ヶ月、早く気分を変えて新しく人生を歩んでいきたいです。


山田監督が「東京家族」製作延期 震災後を舞台に


 松竹は14日、今月中の撮影開始、12月の公開を予定していた山田洋次監督(79)の新作映画「東京家族」の製作を延期すると発表した。映画のテーマである「現代の家族の在り方」が、東日本大震災を経て変わるのではないかと山田監督が考えたからだという。

 山田監督は「今年の終わりまでこの国の様子を見て、脚本を全面的に見直した上で、戦後最大の災害を経た東京を舞台にした物語を描きたい」としており、来年早々の撮影開始を目指すという。

 映画は、小津安二郎監督の名作「東京物語」を下敷きに、設定を現代に置き換えて描かれる。
2011/04/14 12:11 【共同通信】

残念ですが、今回の未曾有の天災・人災のもとでは、しかたないかなと思います。

島に魅せられ移住者がカフェ


東京から広島県大崎上島町へ昨年移住した森ルイさん(33)が14日、カフェ「antenna(アンテナ)」を開店する。自然が豊かで人情味にあふれた島の魅力に引かれ、「地元の人が憩い、観光客とも交流できる場に」と意気込む。

 カフェは中野地区に開き、鉄筋平屋273平方メートル。コーヒーなどの飲み物のほか、島の果実のユズやイチゴのジャムを付けたトーストなどを扱う。ドライマンゴーなどの輸入食材や、フランスの雑貨も販売する。

 東京で生まれ育った森さんは、大崎上島に移住した友人に会いに4、5年前から何度も島を訪れた。「歩いていると、あいさつされたり、イチジクをもらったりした。人情があり、私を受け入れてくれる」と移住を決意。昨年3月に仕事を辞め、築80年の古民家を買って移り住んだ。

 森さんは「この島には、多くの人を呼び込める魅力がある。情報が行き交うアンテナ役になりたい」と話す。営業は木―日曜日の午後1~7時。



【写真説明】店で販売する食材の準備をする森さん

島へ。5月号

昨年の12月以降からトラブル・折衝・身辺整理など、なかなか精神的に落ち着く日々がありませんでしたが、なんとか、上手く折り合いがつく目処がつきました。

社会にでて、こんなにたくさんの人に励まさられ、助けられ、勇気を頂き、応援して頂き、人として生まれてきてよかったと率直に思います。

私個人の狭い視野の中で閉じこもって判断してはいけない
もっと社会にでて人助けできるぐらいの知識と実行力が持てるぐらい努力しなければいけないと反省しています。

労働問題を含む社会問題など、このブログでは趣旨が違うため詳しく書きませんが、自殺者が、年間3万以上も起きるこの日本社会の病根は、国民の生きる姿勢、政治を含む社会観・姿勢など、社会との関わり方を前提として問われています。


本論に戻りますが、雑誌「島へ。」5月号が発刊されました。①

しまなみ海道を中心に取材されています。
残念ながら大崎上島は外れていますが、メディアの力に頼ることなく、橋の架らない原風景の残る島としての魅力を社会に向けて発案・提案していかなければいけません。

また、穂高健一さんの小説「海は燃える」で「弓張岩」がタイトルで登場しています。②

そして、たかじんのテレビ番組でも度々登場されている山田正彦民主党議員の離島の交通問題に対する取り組みが載っています。③


島に住んでいる限り避けることのできない燃料費が割高になる問題改善など社会インフラの整備に尽力されています。

これからの大崎上島で主体性をもって生きるためには、山田正彦さんのような島のエクスパート育成がキーワードになります。

島の持っている魅力を多くの人に知ってもらうためには、アクセスが容易で便利な場所にしなければいけないと思います。

それは、建築、維持・管理に将来もずっと巨額の隠れた負債を抱える橋が本当に必要だったのかという問題、
人口が減少傾向にあり活用頻度を考えると、イノシシの通る橋など必要なのかと思います。
費用対効果を考えると身分不相応な便利な橋は、瀬戸内海には必要なんでしょうか?

逆にフェリーなど既存の交通手段を最大限に活用するため税金を投入するのと果たしてどちらが割安なのかという疑問もわきます。

当初の私の考えは、「大崎上島だけに橋が架らないは、差別じゃ!」と考えていましたが、「借金まみれになって払うのに、倒産するぐらいなら、もうええよ!」という気持ちに変わりました。

船のない瀬戸内海は魅力が半減します。

それに過度の公共投資などする経済的体力は日本には残っていないからです。
低成長時代に突入したのだから、スローライフをするためには、気を張り詰めて生きなくても力を抜いて、ゆっくりした時間の中で、のんびり生きるのは、魅力的な生き方です。

みなさん、個々の考え方がありますから、それぞれが、島の思い、願いを語りあえればいいと思います。








ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析