忍者ブログ

広島県映像ライブラリー から

広島県映像ライブラリーから数点 紹介させていただきます。












PR

東日本大震災


あまりの震災の大きさに言葉もありません。

前に進むしかありません。





太鼓でNZ公演 恩返し募金


 ニュージーランド・クライストチャーチ市の大規模地震を受け、19年前に現地で公演をした広島県大崎上島町の和太鼓グループが募金活動を始めた。メンバーは「活動が長く続いたのもニュージーランドで国際舞台を経験したから。何とか恩返しがしたい」と話している。

 グループは、旧大崎町で結成した大崎なぎ太鼓保存会。1992年3月の国際芸術祭に高校生を含むメンバー15人が参加。1年前から猛特訓し、1曲だったレパートリーを8曲に増やして臨んだ。

 和太鼓とシンセサイザーを演奏し、結成3年目の舞台は盛況だった。現地の新聞、テレビでも大きく紹介された。

 それだけに、地震の映像にメンバーはショックを受けた。演奏は首都ウェリントンが主だったが、クライストチャーチにも約5時間滞在した。当時の会長で今もメンバーの今田均さん(58)は「大聖堂を訪れ、近くでお弁当を囲んだ」と話す。

 現在20人の保存会は経験者7人が残り、現地の人とは今も手紙のやりとりが続く。今田さんは「困っている時こそ、少しでも力になりたい」と募金を広く呼び掛けている。




【写真説明】ニュージーランドで市民と交流する保存会のメンバー(1992年3月)

和太鼓合宿成果を学生ら披露


和太鼓合宿成果を学生ら披露


【写真説明】猛特訓してきた和太鼓を披露する学生



 広島県大崎上島町で和太鼓の体験合宿をしている全国の大学生たち105人が28日、練習の成果を住民に披露した。閉校した旧木江中の校舎で、寝食をともにして猛特訓。地元の大崎なぎ太鼓保存会の直伝で若さを爆発させた。

 島では異例の規模の合宿で、大学横断グループ「キッカケ」が呼び掛けた。リーダー役がまず保存会から習い、学生同士で24日から練習を続けた。

 そろいのTシャツ姿で男女の学生が体育館いっぱいに広がり、保存会の曲「曙光(しょこう)」に挑んだ。掛け声で緩急のテンポを表現し、若さあふれる13分間に凝縮。熱い演奏を終えると抱き合って喜んだ。専修大2年の末次健太さん(20)は「みんな一丸になった。支えてくれた島の住民に感謝している」と振り返った。

 島と若者の絆を深める合宿は3月2日まで続く。

雑誌 島へ。



日本で唯一の島マガジン『島へ。』




2月号が発売されました。

昨日、紀伊國屋で立ち読みしていました。
そして今日、購入しました。
入手はちょっと、島ではしんどいかもしれませんが、ネットで取り寄せもできます。
郷土の先輩、作家 穂高健一さんが「海は燃える」で野賀の鼻をかかれています。

穂高健一さんの記事は他にも、竜馬の「新政府綱領」成立の謎=東京新聞で取りあげられました。
四藩連合の軍事同盟は大崎下島で結ばれたとの内容です。

下島は詳しいので、個人的にコメントできないこともあり複雑です。

しかし、雑誌「島へ。」
昨日、今日と、3冊も売れていたので、想像以上に人気が上がっている感じがします。
隔月が、毎月になるよう、人気の専門誌になることを祈っています。

出版社の人も少数で忙しく仕事されているみたいです。

なんというか、愛着のある自分のための雑誌になっています。


島の魚に児童「なるほど」


'11/1/26


 広島県大崎上島町の東野小で25日、島で捕れる魚について学ぶ授業があった。全校児童66人が、大崎上島漁協の沖原吉孝組合長(66)からタイのおろし方や郷土料理のたいめしについて聞いた。

 魚離れが進む中、海に囲まれた島の環境の良さを知ってほしいと町観光協会の増本真会長(74)が発案した。

 児童はタイのさばき方を間近で見学。包丁でうろこを取り除き、手際よく内臓を取り出す様子に驚き、うろこ取りも体験した。

 三枚おろしにした7匹は26日の給食で、たいめしと潮汁で味わう。うろこ取りをした6年笠原駿希君(12)は「島で育つ魚のことが分かった。もっと詳しくなりたい」と喜んでいた。



【写真説明】うろこの取り方を沖原組合長(左から2人目)から習う児童

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析