忍者ブログ

大切に活用して欲しい文化施設

c74b9f5e.jpg



大望月邸のこと
 

 大望月邸のことは、合併時の時からずっと書いてきました。


  この島にとって文化灯台の意味もあり、また、合併前には、資料館をして再生するために、何億もの、貴重なお金を投資して手直しをしてきました。

歴史資料館なのですから、歴史の学習が目的です。


最近、この資料館が「遊び」の場として利用されたとのコメントを戴き、愕然としました。


子供は悪くありません。

主催者側の問題 

大人の思慮、常識の問題です。

極端なたとえですが、

「広島の原爆資料館」が、彼等のおこなった利用目的の場所として、

  提供されたとすると、どういった反応が市民、県民から来ると思いますか?

人口の大小の問題ではなく、常識の問題です。


歴史と全く関係のない私的流用など、「大望月邸」にはありえません。



この島で思うのは、

「この島の文化を大切に保護しよう」

と表に出ずに、尽力されている方と、

「利用できるものは、徹底的に利用しよう。」

と趣旨を理解されず、

無邪気に振る舞う目立ちたがりやさんです。



大変、貴重な文化的イベントを回数は少ないですが、

この大望月邸では開催されています。


特に東野地区の文化学芸員の方達の

努力は大変なものだと思います。


できることなら、

本来の目的で使用・活用していただき、多くの人に、

大崎上島の歴史を認識・確認していただくことが、

この島に尽力されてきた人達の願望でもあります。


利用するにしても、こういったことが、

配慮できないとは、地域の理解度の欠如を如実に現したに他なりません。

呆れました。


 
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析