忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニッチマーケットを切り開け!

大崎上島の成功事例を考えると、

中国新聞で報道されたこのニュースがきっかけだろう、



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日時:
2009/01/17
分類:
観光
見出し:
島の香り がんすバーガー
内容:
広島県大崎上島町に、ご当地バーガーが誕生した。その名も「がんすバーガー」。魚のすり身を揚げた「がんす」と、しょうゆベースの照り焼きのタレなどは地元産の特製だ。「佐世保バーガーのように愛される島の名物に」と夢は膨らんでいる。

大串の障害者施設「ふれあい工房」が、東野のスーパーに開くパン店「HOGALAKA」で販売。毎週火曜にがんす約50個を仕入れ、水曜から作る。1個280円で粒マスタードかマヨネーズ味を選べる。

「島独自の産品を組み合わせて何かできないか」と話が持ち上がったのが発端。「がんす」をつくる相原かまぼこ店の相原和八さん(44)、岡本醤油(しょうゆ)の岡本康史さん(38)が協力を申し出て誕生した。

【写真説明】「がんすバーガー」の出来栄えについて話す、左から相原さん、中尾円店長、岡本さん
写真:




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


がんすバーガーがヒットしている。

地域限定で販売しているここでしか食べれないハンバーガーだ。

地域と物(食べ物)がマッピングできた成功例だろう。

ネット、特に食べ物は、

ロングテール化する傾向にあるので、うまくマッチしたのだろう。


この島に必要なのは、農業、商業、工業いずれも、成功事例だろう。


名物が増えることにより、生産者も地域も活気がつく。


大量消費時代と対極の少量消費時代でも、いいじゃないか。


大きな消費はこの島ではのぞめないけれど、

独自性は十分あるだろう。


地域の宝とは、他の地域の、まねのできない成功事例を

安易に模倣することではなく

独自性を見極め、自分の足元を探してみるほうが、遙かに得策だろう。



大崎上島の独自性とは、なんなんだろうか?

古びた感性で、この島の魅力を捉えることのできない人は、わからない。


他地域の若い人と、肩の凝らないミィーテングは、情報感度の鈍った人にとって

リフレッシュになるだろう。


離島(私は大崎上島の何処が離島なのか分からないが)ならではの、

滞在時間を長くして、安くゆっくり休める場所を提供したり、

落ち着ける空間があれば、どれだけいいだろうか。


つまり、島に旅をするのは、、自分探しの目的の旅



「ここにくれば落ち着ける」場所・空間づくりの提供は、最低限必要だ。



大崎上島には、どの都会にもあるマクドナルドも、ファミレスも、ないけれど、

これは、実は大きなメリットなのだ。


画一化されていない場所の魅力は、

実は都会疲れした、都会人の方がよくしっている。


企画化された、食べ物、建物、ファッション、

はたまた生き方


それは、本当は贅沢とか「実践しながら生きる・体験する」ことと

かけ離れたものなのだ。



限界過疎に近い島になりつつあるけれど、

ライフラインの要である電機もガスも水道も、

インターネットもひかれている。


倒壊寸前の、都会では拝むこともできない

貴重な木造の家も多い。


離島でありながら、広島からも、東京からも、飛行機を使えば異常に近い


単に魅力を知らないだけなのだ。





PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析