忍者ブログ

御手洗関連の映画

ずっと昔に見た

つたない記憶を思い出しながら、調べています。

御手洗関連の映画です。

私の知っているストーリーと途中までは同じです。

ただ、記憶では白黒だったはずなので、

もしかして、学生時代の白黒テレビの影響でそう思ったのかもしれません。




大地の子守歌



1976(昭和51年)/6/12公開 111分    
配給:松竹(受託配給) 製作:行動社 / 木村プロ

13歳にして売春宿に売られた少女が、苛酷な運命に耐え生き続ける姿を描いたストーリー。脚本は白坂依志夫、監督は増村保造、撮影を中川芳久がそれぞれ担当している。

原作:
素九鬼子

監督:
増村保造

脚本:
白坂依志夫

音楽:
竹村次郎

撮影:
中川芳久

照明:
福富精治

美術:
間野重雄

録音:
太田六敏

編集:
中静達治

キャスト
原田美枝子 / 佐藤佑介 / 岡田英次
木村元

ストーリー

秋の四国路の野山に、美しい鈴の音がこだまする。

山道を踏みしめていく幼いお遍路の瞳はつぶらだが盲目であった。

少女の名はりんという。彼女は四国の山奥で、ばばと二人で野性の子として暮していたが、ばばの死後、瀬戸内海のみたらい島に売られた。りんが13歳の時だった。

島でりんを待っていたのは売春という地獄だった。近い将来、りんも春を売る女にされてしまう。

彼女は反抗し続け、苦しい時はばばがよく歌った子守唄を歌った。

この島では陸地での売春と別に「おちょろ舟」を漕ぎ出して沖に停泊する船での売春があった。

りんはおちょろ舟の漕ぎ手を志願した。

舟さえ漕げれば、いつの日か島を脱出できると考えたからだ。が、やがて初潮を迎えたりんは、客をとらされた。

島で知り合った少年との淡い恋も散った。

りんは狂ったように働きつづけた。

その結果、視神経を犯されてしまった。

それでも、生きる、という望みを捨てなかった。負けるものか、という闘魂がりんの心を支えていた。そんなりんに同情した伝導師が、りんを島から逃がそうと舟に乗せた。

四国へ逃げのびてお遍路になれ、という男に向かって、りんは帯をといた。

生まれたままの姿で、りんは、男にとも天にも海にとも分らぬまま、汗と涙でよごれた手を合わせた。

「うちはただでお金をもらうことはできまへん。どうぞ、うちを好きにしておくれまへ。この恩は、一生、忘れはせんけんな!盲のおりんのこの気持ちを、うけとっておくれまへ」……。



映画のできは素晴らしかったと思います。

というのも、VHSのビデオで販売されており、DVD化されていません。

探すのは大変かもしれません。

ただ、一言

映画はあくまで映画であり、

一部、史実は入っていますが、

あまりの作品の素晴らしさに、

地域を限定して見て欲しくないと思います。


が、二十年前以上の作品を

私が覚えているぐらいだから、

素晴らしい映画だと思います。


調べるとプレミアがつくぐらいの値段になっています。

何とか、もう一度 探してみたい映画です。


※なんとgyaoで年初まで無料で放映したいたんですね。
 もう見れない!残念
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析