忍者ブログ

生活者の視点とは

島に帰省するごとに、

交通環境が悪化するのがよくわかる。

車で帰省して小回りよく動こうとしても、馬鹿高い車両

料金がまちかまえている。

生活者の知恵で、島で出入りするのは、

「普通自動車より軽自動車」

というのが、不文律となっている。


高速道路土曜日曜祭日1000円の影響で、料金の逆転が起きている。

このことは、多くのドライバーにとって恩恵であっても、

フェリーが公共移動手段の島の人にとって、

航路廃止など、

痛手をおっている。


残念なことに、こういった社会問題を

地域の問題として、積極的に扱う人は、島内の役職についている人は

いないだろう。


これは、人材の手薄からくる、目に見える地域間格差だろう。


不便なことが多いから過疎になる。

住民サービスの第一歩は、

住民の声を拝聴して行うものだが、

お役人の意見を拝聴するようでは、本末転倒だろう。

魂のない事業のオンパレードでは、

お天道様に顔向けもできないだろう。


人というのは、

不確定な要素が重なって

成り立っている共同社会だから、

1プラス1は、2という答えはまずでない。


生活者の視点が語られない地域社会など、

あり得ない。


そのことは、

逆に地域にとっては不幸なことだ。


PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析