忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

呉市の高齢化率、全国の15万人以上の都市のうちで全国1位

'09/12/28
呉市の3月時点の高齢化率が、全国の15万人以上の都市のうちで最も高い28・2%に達したことが、市の独自の集計で分かった。都市型高齢化社会への移行が早いことを意味し、他市に先駆けた対策が急務となっている。

 市福祉保健部が、国が公表している住民基本台帳のデータを活用し、15万人以上の全国181都市(東京都内の区を含む)の高齢化率を独自にランキングした。

 呉市は人口約24万人のうち約6万9千人が65歳以上。高齢化率28・2%は、2位の下関市の27・6%を0・6ポイント上回った。22・2%の全国平均に比べ6ポイント高い。

 結果について同部は「高齢化が全国平均の10年先を行っている状態」と分析。9年後の2018年には高齢化率が34・3%に上昇すると予測している。

 こうした背景には、市の主産業である重厚長大型産業の雇用縮小や、傾斜地が多いことによる新興住宅地の少なさなどがあると同部は分析。合併で高齢化がより進む地域が加わったことも影響したとみている。

----------------------------------------------------

呉市が、15万以上の規模で日本で最も高齢化が進んだ市になっているとは、知らなかった。

税収を含む財源をどうするかなのだが、景気が悪く、円高の今、地場産業に期待はできない。

これからは、厳しい状況となりそうだ。

高齢化の問題は地域で解決できる部分とそうでない部分がある。

社会保障重視の民主党が結局の所 支持されるのは、必然だと私は思っている。
マスコミは何を言おうと、日本は間違いなく左よりになっている。

そうなってくると、税収の方法として消費税アップになるのも時間の問題だろう。

生活が保障できるのなら不安はあれど、OKという答えがほとんどではないか。

広域行政の連携もあり、どういった取組をするのか、注視していきたい。



PR

平山郁夫さんが2日に亡くなった。

瀬戸田の巨星がまた一つ無くなりました。
広島のみならず世界の平山画家です。

大阪の印刷会社の取締役が、平山さんの絵、特に色彩に感銘を受け、大阪から瀬戸田に高速を使って何度も訪れた話を聞きました。

実際に、ポスターでは到底再現できることが不可能で、目で何度も確認をしに訪問したそうです。

取締役の得意の口癖が、「絵の具に特別な香料を使っているはずだ。」ということでした。

だから、目で見ないと納得できないということでした。

印刷の専門家でも、平山画家の描いた絵の色彩を再現することは、大変難しかったそうです。











瀬戸田はすぐ近くですね。
平山さんの級友に脚本家の高橋 玄洋さんがいますが、忠海高等学校出身の政治家や文化人は実に凄い人が多いですね。

尾道今治ルートは、歴史的資料・文化施設が多く、平山郁夫美術館もその貴重な一角を占めていました。

また、知られていない場所もたくさんあることから、情報発信することにより、より重層的な魅力ある場所として生まれ変わる可能性が十分あります。

文化のシルクロードといっていいほど魅力的な瀬戸大橋のルートの一つです。


できれば、橋の架からない大崎上島までリンクできればよかったなと思います。
近くの場所でありながら、こういった話題も取りあげてくれる方が少ないのは、実に寂し感じがします。

大崎上島の集客は有志が主役

'09/11/20


 広島県大崎上島町の良さを島内外の有志が発信する「大崎かみじまファンズ」が交流の輪を広げている。4月に3人でスタートし、メンバーは約20人に増加。最初に手掛けたサツマイモの収穫イベントに約40人が駆け付けた。都会から人を招く「観光大使」役を目指す。

 広島市内の女性たちが、有機農法による観光農園を島で営む中原伸吾さん(60)=木江=と出会い、「手作りの良さ、ゆったりさなどの島の素晴らしさを伝えたい」とクラブを始めた。垂水港近くの中原さんの農園隣にサツマイモとオリーブを植え、毎月欠かさず島を訪れて作業に汗を流す。メンバーは島内外で半数ずつ。収穫イベントには、島の育児サークルにかかわる若い親子約20人も初めて参加した。




【写真説明】サツマイモの収穫を楽しむ中原さん(左端)や「大崎かみじまファンズ」のメンバー


―――――――――――――――――――――――――――

定住促進など、国や県単位の、組織だった、上からの観光政策、紐付き助成金は、今後の民主党の仕分け作業に引っかかる可能性があります。

2重行政など、各省庁で同じ目的の事業を別個に予算化して(決して過疎地域の問題解決を考慮しての予算ではないことに留意、そこには天下り先のポスト温存など、別の目的が存在している。)地域に落としてくるなど、重複して項目が多くあります。

緊縮財政の今、ばらまき予算などできる余力がなくなります。


やはり、大崎上島の住民がこの島の特色に気がつき、自発的にアピールできる何かを見つけることが、地域の活性化、活力になります。


島の良さをアピールできるものに、他に、よってみんさい屋 があります。


できれば、継続して大崎上島だけに存在するいい文化を育んで頂ければと思いますね。



生徒減 普通科に改編へ


船の模型を使って説明する中村教諭。伝統の造船の授業を受け持つ(10月28日、広島県立大崎海星高校で)


 生徒減の悩みに直面した地方の総合学科には、新たな道を選択したところもある。

 「船の浸水が見つかった場合はどうする?」「近くにいる人を呼ぶ」。小さな教室で、教師と生徒5人がそんな言葉を交わしながら、和やかな雰囲気で授業をしていた。

 瀬戸内海に浮かぶ広島県の離島、大崎上島。10月下旬、県立大崎海星高校を訪れると、再任用の中村秀樹教諭(63)が、3年の選択授業「船舶整備」で、船の模型を使いながら整備方法などを教えていた。

 全校生徒約90人、1学年1クラスと小さいが、造船の科目を含む「工業」、「生活」、「情報ビジネス」、「人文理数」の4系列の科目をそろえる総合学科の高校だ。しかし来年度からは、総合学科の募集をやめ、新たに普通科を設置して再スタートを切ることになっている。

◎ 島には元々、普通科高校と工業高校の2校があった。だが、少子化による生徒数の減少で、2校体制を維持するのが難しくなっていた。とはいえ、島内には造船所が多く、造船主体の伝統ある工業高校は残したい。そこで選んだのが、双方の学校の科目をそろえた総合学科高校という道だった。

 1998年に2校を統合して始まった当初は、1学年2クラスで6系列の科目をそろえた。初めは多様な科目を用意できたが、生徒数は徐々に減り、それに合わせて教員の数も減少した。当然、多くの科目をそろえるのが難しくなり、6年前からは4系列の科目になった。

 生徒が減った理由は、島の人口減とともに島民の進学志向の強まりもあった。「大学に進学するならと、島外の普通科に行ってしまう。島の人たちも普通科志向が強くなっている」と、東内孝司校長(55)は話す。

 約10年前には島の3中学校の卒業生の6割が入学したが、今は4割程度。進学対応の授業もあるが、やはり進学するならば普通科へということで、島外の高校に生徒が出ていってしまっているという。

 総合学科の最大の特色は多様性。それが生徒の減少で生かせなくなっていた。県教委は今年7月、同校の総合学科の募集停止を決めた。「1学年1クラスの規模では多くの科目を開設するのは難しい。また、今は島外の普通科へ行ってしまっているので、普通科になることで地元の子どもたちがなるべく地元に残ってくれれば」と県教委学校経営課では話す。


◎ 現在の1、2年生は卒業するまで総合学科で学ぶ。そのため、唯一、造船を教えている中村教諭もあと2年は教べんを執るつもりだ。また、普通科に変わっても、ある程度は今の科目を残して学べるようにするつもりだが、伝統ある造船は教える教師がいなくなるため、なくなる可能性が大きい。

 生徒の減少や地元の進学志向の強まり。地方の総合学科ではそんな悩みに直面している。 (名倉透浩、写真も)

 メモ 学級数は平均14.8学級 国立教育政策研究所が2007年9月に実施した調査によると、総合学科高校の学級数は「13~18学級」(38.3%)が最多で、次いで「7~12学級」(34.5%)、「19~24学級」(20%)となった。平均は14.8学級で、1学年5学級程度となる。1学年2学級以下にあたる「6学級以下」は5.5%とわずかだった。
(2009年11月18日 読売新聞)

島のニュース

子どもや妊婦のワクチン接種を全額補助 広島・大崎上島 '09/11/10


クチン接種で、1歳から中学生までと妊婦たちに2回分の6150円を全額補助する。

 子ども約710人と妊婦約40人に加え、基礎疾患のある人、乳児などの保護者が対象。週内から予防接種券を妊婦に発送するなど手続きを順次進める。

 町民税非課税、生活保護世帯の約1800人にも全額補助し、町議会臨時会で接種費用1115万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を可決した。

---------------------


8500人で割ると4.7人に1人は、町民税非課税、生活保護世帯
ワクチン接種を全額補助は有難いことだけれど、町の負担は大変ですね。




離島間の農業守る ミカン出作 一安心/呉市豊町と大崎上島町
掲載日:09-10-17

 広島県呉市豊町(大崎下島)と大崎上島町(大崎上島)を結ぶフェリーの廃止問題で、同市と両島を管内とするJA広島ゆたかが商船会社に財政支援をし、11月以降も存続する。ミカンの出作に取り組んでいた農家にとっては死活問題だっただけに、安堵(あんど)の表情が広がった。一方、国に対しては生活に欠かせない交通への支援強化を訴える声が強まっている。

 呉市豊町は全国屈指のかんきつ産地で、「大長ミカン」のブランドを抱える。島の農地が限られるため、島民は古くから船で大崎上島に渡り、出作してミカンを栽培してきた歴史を持つ。


 ・・・(詳しくは日本農業新聞紙面をご覧ください)

---------------------

ミカン農家のことを考えると死活問題。
実際は、島の生活者にとって一番大切な問題。
ミカンだけの話ではない。
しかし、これだけ再三取りあげられるニュースですが、島内からのブログは、ほとんど取りあげられることはない。
関係ないのか利害関係優先なのか、
ここには常識をもって判断できる人がいないのか?
世間の常識は上島の非常識なのかと疑念をもってしまう。




支持構図複雑、無効票増える '09/11/10


 8日投開票された広島県知事選で、無効票が2万1456票に上った。投票総数(77万7724票)に占める割合は2・76%で、知事選では戦後3番目に高い。県選管は「白票が増えた」とみる。立候補した新人5人の知名度不足に加え、政党や県議会会派の支持が複雑な構図になり「有権者が選択の基準を持ちにくかった」との見方が出ている。

 市町別で無効投票率が最も高かったのは、市長選の投票日が知事選と同じだった呉市で5・85%。庄原市3・01%▽安芸高田市2・92%▽三原市2・86%―と続く。最も低かったのは大崎上島町の1・39%だった。

 県選管によると、近年は無効票のうち白票は5割前後という。呉市では、5616票の無効票のうち、白票は約6割を占めた。市選管事務局の池田和男次長は「有権者は呉市長選に関心があった一方で、知事選に出た新人5人の人物像を把握する十分な時間もなかったのでは」と分析する。

 公選制下で17回目となった今回の知事選。戦後初の1947年(7・09%)、故竹下虎之助知事が初当選した81年(3・16%)を除き、無効票が2%を超えたことはない。

 ある自民党県議は、与野党が交錯した支持構図の複雑さを背景に挙げ「誰に投票すればいいかと、これほど支援者に聞かれた選挙は過去になかった」と話した。

------------------

民主の与党になったのは、自民の内部崩壊である
これは歴史的運動過程でおきたことであり、偶然ではなく必然である。
つまり、内部から腐っていったのだ。
選択がなくなるのは、当然である。
覚悟を決めるしかないだろう。


広島の味集結 秋ほおばる '09/10/25


 広島の自慢の味覚を集めた「ひろしまフードフェスティバル」が24日、広島市中区の広島城一帯で始まった。広島県内23市町から約400ブースが出店し、家族連れなど大勢の人が食欲の秋を満喫した。25日まで。

 広島牛の丸焼き、三原のタコの天ぷら、安芸津のジャガイモコロッケなど各地の海の幸、山の幸を販売。広島城の堀では大崎上島町や竹原市に伝わる「櫂(かい)伝馬」の乗船を受け付けるなど、多彩なイベントもあった。

 県や中国放送、中国新聞社など、42団体でつくる実行委員会が主催。25日は午前10時~午後5時。


---------------------


大崎上島町に上島ブランドを育てる気持ちがあれば、もっと前向きに生き生きした島になるだろう。
過疎は過疎でも、
フルーツアイランド、高齢者も元気いきいき!
など、いくらでもキャッチフレーズはでてくる。
口を開けて、無いものねだりするよりは、実はもっとも島が自己表現できる場所である。
島の自営の人達が勇気づけられ、消費を喚起できるシステムに力をいれるべきものである。
成功者がたくさんでき、雇用が生まれる場所になれることが一番幸せなことだ。



民主政権よ 行革のお手を拝見

民主政権に変わり1ヶ月が来ようとしている。

最初の一件の偽造から暴かれた年金の崩壊
(年金の支払いなど、各部署の決済印がいるため、帳簿改ざんは、一人ではできない。これは、組織的犯罪であり、民間では詐欺罪、軽罰だけでは免れない。)

社団、財団、公益法人など、国から交付金を下ろすところはたくさんあるが、それらお金は、元々は我々の税金である。

それはお金の使用目的は公益、つまり何らかの事業なり法律の遵守をするための啓発事業などに使われるのが、そもそも本当の公益という言葉の意味である。

が、しかし、それらお金の使用目的は、早期退職して前職の給与を保証する目的での天下りの人件費(相場1人当たり年収1千万)で消えていったり、退職金のためにプールしたりと、実態は国民を欺いた欺瞞に満ちたものがほとんどだろう。

昨今のダム建設反対云々の議論の趣旨を見ていると、ダムを反対、賛成する以前に、なぜ「調査するのに50年もかかるのか?」「 調査費はどこにいっているのか?」「関連団体に何人政治家を含め天下りが在籍していて、お金がどのように還流しているのか?」などの分析が一番大切だろう。

メディアは用地の登記簿なり、役員関連など洗いざらいに取材すれば、それなりの真実がでてくるだろうが、それをやらないのが、やはり商業マスメディア、到底そうった職業気質など持ち合わせていない。

「怖いものには手を出さない」
「適当な話題を国民にエサのごとく話題をまいて、一瞬楽しければそれでいい!」
のが一番、楽にお金もうけができることが彼等の生きる道だろう。

「メディアは不公平である」
このことは、我々若い世代には常識であり、情報操作の心配は少ないだろうけれど、テレビしか情報ツールがない高齢者など、政治のトレンドを誤って解釈してしまう傾向が多々ある。

今、一番 政治に興味があるのは国民ではなく実は官僚やそれら取り巻きの諸々で、彼等の今の第一声は、
「民主政権ですから、先がよめません。」
ということで、公益性や、国民のためにという言葉は最後まででてこない。


彼等の一番の悩みは、将来の自分たちの身分の保障と、社団法人などに隠している隠し資産が、政権が変わることにより、表に出ることにより国民の管理下に置かれることである。

如何に、合法的に国庫に戻される前に、資産処分、処理をするかが、実務面での重要なテクニックとなってくる。


政府自民党がこれまで若い世代に対してやったことを、振り返ると労働市場の自由化、派遣労働法による業者優遇措置、(アメリカでは派遣元の利益は1割が限度であるが、日本は制度化されていない言わば、人身売買法といっていいほどのザル法なのだ。)など、都合にいい市場原理の導入だった。


結果的に、保護された公務員と、市場原理の中に揺れる多くの弱小労働者と、生涯年収は、2倍以上となってしまった。

年金を含め、これは、差別といっていいものだ。
(簡保の宿に使われたお金は厚生年金から、公務員の共済年金からではないのは、有名な話、しかも掛け率がいいのはこれまた世間では有名な話)

つまるとこ、
「公益性など最初から存在しない」
と言える勇気があったのなら、随分素直だなと思うが詭弁ばかり使って美辞麗句を馴らべていては、最後には首が回らなないほど嘘をつくことになり最後には「自民大敗」の結果の選択肢しか選べなくなるだろうね。




話は変わって、大崎上島町はどうなのだろうか?


検索エンジンで出てくるものに

マイクロソフト導入事例 : 広島県大崎上島町 なるものがある。


お手盛りが得意とする行政の見本のようなものが、2004年からあがっている。

通常の市民社会だと、住民側から、こうったお手盛りの見本は、実態がないので、意見なりクレームがくるものだ。

口八丁手八丁とは、このことなんだろう。

実際、何がどう変わったのか教えて欲しい?

厳密に言えば、合併特需でマイクロソフトにかなりのいい値段でシステム発注がきた褒美に、こういった事例なるものをご褒美として頂いているにすぎない。

大崎上島町の電子化など、素人目にみても、決してほめられたものではない。

普通だと固有名詞などでてくるので、個人の名誉にかけて削除をマイクロソフトに依頼するのが、通常の判断だと思うのだが、逆にこれが名誉となると、まるで裸の王様になってしまう。

たとえ、住んでいる場所が田舎だろうと都会だろうと、人が真摯に業務に当たる姿勢は、場所を選ばない。

残念なことは、田舎でありながら俗なことは世間並みにある。

住民主権の世の中に既になっているのに、役人に媚びへつらう体質はそのままであったり、お札の名前を場所によって変えることのできる特技をもった実は俗なのに俗でないと錯覚しているかたとか。


2004年の時点で、彼等のいう導入事例が本当であったなら、現在の大崎上島はどう変わっていたのだろうか?

だれも見向きもしない特別は区域になってほしくないし、当たり前のことが世間並みに言える場所でなければならないと思いますね。


やはり最近の大崎上島の事例を書いていくと、いいことが書けない。
合併の理由付けに、「光ファイバーを完備して最新の行政サービスを提供する」ことが題目としてあがっていたからだ。


結果的に住民のサービスではなく個人の宣伝に使ったり、実に残念なことが多い。
その重荷も軽く扱うのか、認識できないのか、個人の心の闇は分析できませんけど。


真の公益性を考え襟を正す、まじめにとり組む、こういった職人気質を兼ね備えた裏方の仕事ができる人が実は必要だった。


時代の波に取り残されるのは、残念でならない。





過去に掲載した内容を貼り付けておきます。



ウエッブサーバーおよびOSの種類

OS Server Netblock Owner

楽天
Solaris Apache Rakuten,Inc.

アップル
MacOSX Apache/1.3.9 (Mac OS X Server) Apple Computer, Inc.
Solaris Netscape-Enterprise/3.6 SP3 Apple Computer, Inc.
MacOSX Apache/1.3.9 (Mac OS X Server) Apple Computer, Inc.
Solaris Netscape-Enterprise/3.6 SP3 Apple Computer, Inc.

マイクロソフト
Windows Server 2008 Microsoft-IIS/7.0 Microsoft Corp

ライブドア
FreeBSD Apache Livedoor Co., Ltd


大崎上島町

Windows 2000 Microsoft-IIS/5.0   Osakikamijima Town

広島商船高等学校
Linux Apache/2.2.3 (CentOS) Hiroshima National College of Maritime Technology
Linux Apache/2.2.3 (CentOS) Hiroshima National College of Maritime Technology
Linux Apache/2.0.40 (Red Hat Linux)  Japan Network Information Center
Linux Apache/1.3.12 (Unix) (Red Hat/Linux) Hiroshima National College of Maritime Technology



広島市
F5 Big-IP FJapache/5.1 (Unix) jsvlt/1.0 The City of Hiroshima

呉市
Solaris 8 Apache  Kure City

竹原市
Windows Server 2003 Apache TAKEHARA(Altaway Tokyo POP)
Linux Apache/1.3.26 (Unix) CIS Internet Service


三原市
Linux Apache/2.0.51 (Unix) Takonet(net eye corporation)
Linux Apache/1.3.27 (Unix) Takonet(net eye corporation)
Linux Apache/1.3.19 (TurboLinux) Takonet(net eye corporation)
FreeBSD Apache (Unix) Takonet(net eye corporation)

尾道市
Solaris 9/10 Apache/1.3.29 (Unix) mod_perl/1.25 ONOMICHI Cable Television co.,ltd.
Solaris 9/10 Apache/1.3.29 (Unix) mod_perl/1.25 ONOMICHI Cable Television co.,ltd.
Solaris Apache/1.3.29 (Unix) ONOMICHI Cable Television co.,ltd.

福山市
Linux Apache/1.3.20 (Unix) NTT SMARTCONNECT CORPORATIO

Linux Apache/1.3.33 (Unix) (Vine/Linux) Fukuyama City Hall

三次市
Linux Apache/1.3.27 (Unix) (Red-Hat/Linux) MIYOSHI CITY
Linux Apache/1.3.27 (Unix) (Red-Hat/Linux) MIYOSHI CITY
Windows 2000 Microsoft-IIS/5.0 NTT PC Communications Incorporated



ブログ内検索

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析