忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホームページで

ここ最近 ブログばかりで、ホームページを更新していなかったので、今日は、ごちゃごちゃとつくっていました。

自分のPCの環境は、メインがノートPCウインドウズ7となりました。
セキュリティの問題もあるけれど、便利がいいのでグーグルのサービスを使うことになり、(アンドロイド携帯を使っているため半ば、強制に近い)ほとんどクラウドに移行してしまいました。

まぁ、パソコンのデーターがアンドロイド携帯にすぐに反映するため、利便性はいいです。

本題にもどりますが、今度のイベントの工程をグーグルマップでマッピングしてHPに反映させようと思いました。

注意していただきたいのは、IE、オペラだと、グーグルマップの目印のアイコンが反映しません。



下の画像は、クロームを使ったものですが、こちらはしっかりとアイコンが表示されています。
もしかして、設定画面でなにか細工しなければいけないのかと思っていましたが、これって機種依存ってやつですか。



ここ数年は、ブラウザ依存のアプリなんてあまり経験していませんでしたが、驚きました。

なぜ、マッピングにこだわったかというと、アイコンをクリックすると、ライブカメラが見れるようにリンクをはる作業をしていたからです。

木江~宮島ルートの間には、ライブカメラが点在していますので、櫂伝馬の勇姿がみることができるかもしれません。

「旅する櫂伝馬のホームページはクロームで御覧ください。」とは言えませんが、グーグルマップには、ライブカメラをうめていますので、何かコメントがあれば、修正していきたいと思います。

それとツイッターは、櫂伝馬で検索結果が反映しますので、是非 ツイードをしていただければありがたいです。

グーグルマップのルートはおおよそで、作りましたが、宮島までの距離は、77キロ以上あると思います。

歩くだけでも、大変な体力を使います。

健康管理を万全して、みなさんの勇姿をみせていただきたいと思います。

工程をたどってみると、本当に、多くのみなさんの協力と熱い想いがこのイベントの根底にはあると思いました。

微力ですが、是非応援していきたいと思います。




PR

平和とはなんなのか、ひとりひとりが考えてみよう

昨日は、広島に原爆が投下された日でありニュース報道が盛んにおこなわていた。

子供のころから広島県は反戦教育は盛んに行われていた。
8月6日は学校にいき黙祷をした。

世界平和が標語として使われて核廃絶を理念に掲げられていたが、現実は、核はインド、パキスタン、北朝鮮とアジアでは拡散していった。

人類史上初めて原爆を投下したアメリカの核実験のたびに、市長は抗議の電報をうったことが報道された。

どちらかといえば理念では、核は廃絶はしない、電報などうっても理性的な思考をもたない権力者には抗議にもならない。

そしていつのまにか、原爆の日は平和のお祭りの様相に様変わりしていた。

しかし、今回は、広島市長も管総理も福島のことにふれ、しっかりしたメッセージをのこした。

少なくとも、広島が広島として主体性をもって「考える」一歩を踏み出した日であった。

日本の原発労働者はこれまでほとんど日雇い労働者ばかりで社会の日の目にあたることがなかった。
原発の開発者は設計の段階でメンテランスも考慮しているのだが、被爆が前提での原発などありえない。

GMの原発など、本国から黒人の作業者を日本につれてきたり、真実を少しでも知るだけで驚くことが実に多い。

平和も健康も人々の犠牲のもとにうみだされているのだろうか。

世界平和の実現は革新でなければできません。保守派を身上とする場所では無理でしょう。


↓の内容は原爆投下の予行演習をアメリカがおこなっていたことを書いた日記です。




2008年5月の日記 他のサイトから引用

今日、半日をかけて5キロほど サイクリングしてきました。
堺、大阪城、中ノ島、日本橋、住吉区(ここで、疲れて道を間違ってしまった。)堺のルートです。


偶然にも、出会った場所で撮影しました。

「模擬原爆投下跡地」

ここに詳しく詳細が説明されています。




広島に原爆を落とす前に、数回、同じ模擬爆弾を使って投下練習をしていたそうです。



道端に、ひっそりとあった石碑ですが、その後の広島、長崎の原爆投下に関係しています。


大きな地図で見る

史実として、掲載します。

有期雇用法制の課題と問題点

日本労働弁護団 幹事長 水口洋介弁護士を迎え、表題の講演が1時間強おこなわれた。

契約社員と正社員の同一労働、差別的賃金格差・不安定な雇用環境・待遇などの是正するため、立法化するための取組など、幅広く講義がおこなわれた。

国別の取組事例などもあり、かなり高度な講義となった。



お昼からは、第二部として、3つのテーマに分かれ大阪労働弁護団の若手弁護士達による、講演がおこなわれた。


必ず、講義などICレコーダーで録音・保存することにしていますが、日頃の疲労がどっと出てしまい、昼からは睡魔との戦いとなりました。

資料の復習も体力的に無理です。

お昼までの絶好調が嘘のように説不調になりました。

日本の労働者の割合も、近い将来、契約社員と正社員の比率が逆転し、このことが社会問題となって顕著になることは必然です。

言いたいことは沢山あるけれど、疲れた。


参考
再論:改正パートタイム労働法と丸子警報器事件

リスタートそして忙しい毎日

2月からくすぶっていた懸案となっていた問題も 5月末に一様の解決を向かえ一段落しました。

長かった、そして危機一髪だった状況を乗り越えて精神的にも少し強くなれただろうか。


そうこうしている間に、暑い熱帯夜が戻ってきた。
昨日は、朝 6時には地下鉄から事務所に向かう途中で、既に 30度前ぐらいの気温となっていた。
電力会社の株主総会も重なっていたそうで、気温とならび、とんでもなく熱い日本の夏となりそうだ。

もう 6月も終わろうとしている。

島では、もう櫂伝馬の季節

あらたなドラマがおきることを期待しています。


以前、このHPで宣言した内容を形にしていきたい。
島の映画撮影は震災の影響でボツになったけれど、このままでは終われない。
想いが、形になる方向になるよう努力したい。

先週は広報に載せるテーマ「消費税アップは賛成か否か」「解決事例」の原稿締め切りに追われ、せっかくの日曜日も潰れてしまった。

今週は、金曜日は、仕事終了後、7時から勉強会
土曜日も仕事か勉強会、会議などがあり、今週は弁護士と交流会で、夕方5時まで、その後は事務所で反省会と称して飲み会か?

ただで見識を深めるための訓練ができるのだから、贅沢なことだ。
毎日を大事にしていこう。


広島まで遠くなった。
海がみえる風景はいいものだ。
なんとか、時間をつくってできれば帰りたい。


高野山清浄心院

昨日、15年ぶりに高野山に行ってきました。
バスに乗っての旅でしたので、やはりS字ばかりの山道は気分がわるくなります。


しかし、4月中ぐらいになりますが、ここでは桜はまだつぼみのままです。



今回は、高野山清浄心院の住職たちの応援にいきましたが、院内は、ストーブをつけた状態でも、寒かったです。



夜になると気温はマイナスになるそうですから、標高が千メートルを超えると外界との気温の差はここでは当たり前なのかもしれません。

院内で精進料理を頂きました。

例年ですと、高野山は外人のお客さんでいっぱいになるそうですが、今年は原発事故の影響でまばらだそうです。

震災の影響はこんな場所にも及んでいるとは、驚きました。

応援も終わり帰りのバスで、仲間と談笑

明るい社会が日本に戻ってくるよう願いました。

ジョン・レノン「Mother」




俳句の影響を感じさせる無駄のない筋肉質のロック魂炸裂
わかる人には、わかるジョンの偉大さ。


Mother, you had me but I never had you

I wanted you but you didn't want me

So I got to tell you

Goodbye goodbye



Father, you left me but I never left you

I needed you but you didn't need me

So I just got to tell you

Goodbye goodbye



Children, don't do what I have done

I couldn't walk and I tried to run

So I got to tell you

Goodbye goodbye



Mama don't go

Daddy come home



母さん 僕はあなたのものだったけど

あなたは僕のものじゃなかった

僕はあなたを求めていたのに

あなたは僕を求めてはいなかった

だから 僕はいうんだ

あばよ さよなら



父さん あなたは僕を見捨てた

僕はあなたを見捨てなかったのに

僕はあなたを必要としたのに

あなたは僕なんか必要としなかった

だから 僕はいうんだ


あばよ さよなら



子どもたちよ 僕のやったことを

繰り返してはいけないよ

僕は満足に歩けもしなかったのに

無理に走ろうとしたのさ

だから 僕はいうんだ

あばよ さよなら



ママ 行かないで

ダディ 戻ってきて

ブログ内検索

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

天気

最新コメント

[08/05 takabow]
[08/03 Nuoba_008]
[05/23 takabow]
[05/07 尚古堂]
[07/10 尚古堂]

アクセス解析